50歳以上の男性は、脱毛の抵抗感をなくしましょう

昭和40年以前に生まれた男性、つまり50歳以上の人たちは、脱毛についてどんなイメージがあるでしょうか。
女性の嗜みとしては理解しているでしょう。
しかし自分が脱毛する。そんなことを考えたことはなさそうです。
このまま平穏無事に過ごせれば問題ないでしょう。
ただし時代は変わっています。
いつまでも脱毛に抵抗感を持っていられるでしょうか。

脱毛は男らしくない?

最も多い答として、脱毛は男らしくない!でしょう。
胸毛や脛毛はワイルド!毛があって何が悪い!そんな世代かもしれません。
もちろん育った時代背景があります。
男性が美を意識すると、男らしくない!当時の大人たちから叱咤されたでしょう。その思いが残っています。
だから今の若者をみて、脱毛するなど男らしくない!偏見を抱くのでしょう。
同年代の男性同士で酒を酌み交わしている間は、まったく問題なさそうです。

ムダ毛はコミュニケーションの妨げになる

しかしムダ毛のために、会社内で噂されているかもしれません。
女性社員から嫌がられているかもしれません。
加齢臭を悪化させているかもしれません。
50歳代の男性なら、管理職かもしれません。
今時の若者との人間関係に悩んでいるかもしれません。
ムダ毛がコミュニケーションの妨げになっているかもしれません。
一方で脱毛に対する偏見を払拭すれば、お互いの会話が弾むかもしれません。
若者の気持ちが理解できるかもしれません。

ムダ毛が気になる瞬間は

もちろん今の50歳代、60歳代は、昔の中高年と比べても心身共に若いでしょう。
しかしお風呂の鏡を見れば、必然的に身体の衰えを感じます。
そんな時には、ムダ毛が気になるものです。
これまで頑なに拒んできた脱毛について考える瞬間かもしれません。

ちょい悪オヤジを目指すなら

ちょい悪オヤジを目指すなら、ムダ毛についても意識しましょう。
おしゃれは見えない部分こそ重要です。
今ならヒゲの脱毛もありますよ。
なお年頃の娘がいるならば、家庭内紛争を防ぐ意味でも、脱毛してみることをおすすめします。
脱毛は習慣です。
変な抵抗感や偏見を取り除くだけでも、他人からの視線や評価が変わってくるでしょう。
シースリー全身脱毛口コミ

Written By pTQLTRKzuS